TOP >> 視力回復アプリ >> VRで立体像が二重に見えるときの対応~ゴーグルのペアリング~

VRで立体像が二重に見えるときの対応~ゴーグルのペアリング~

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る


「VRで立体像が二重に見えるけど、どうすればちゃんと見えるの?」というご質問をいただきましたので、対応方法を記載いたします。

VRで立体像が二重に見える場合、お使いのスマートフォンと「VRゴーグルのペアリング」を行う必要があります。
「VRゴーグルのペアリング」というのは、スマートフォンの設定をそれぞれのVRゴーグルに合わせて最適化することです。

まず最初に、[VIEWER PROFILE]と書かれたQRコードがあるかどうかをチェックします。

QRコードがあれば、以下の手順を順次進めてください。QRコードがなければ、VRゴーグルの寸法を測るなどして、こちらのジェネレーターで[VIEWER PROFILE]のQRコードを生成する必要があります。

今回は、QRコードがついているという前提で説明していきます。

1.スマートフォンをVRゴーグルから取り出した状態で、VRコンテンツを起動し、右上にある歯車のマークを押す。

2.画面に従ってボタンの操作をすると、ペアリング設定用のカメラが起動します。

3.[VIEWER PROFILE]のQRコードを読み込ませてペアリングを完了させましょう。

以上がVRで立体像が二重に見えたときの対応方法です。

ペアリングを行ったことで、スマートフォンが、お使いのVRゴーグルに合わせた描画をしてくれます。

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る

ホームワック1週間1,000円レンタル好評受付中!