TOP >> スタッフダイアリー >> 学習机の位置を見直してみよう

学習机の位置を見直してみよう

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

こんにちは。眼育サポーターの太田です。
暑かった夏もひと段落、子供たちも新学期が始まりましたね。
運動会に文化祭、修学旅行、定期テスト!2学期は行事も多く、大人よりも忙しいのではないかと思うスケジュールです。

そんな時期ですが、ちょっと時間を見つけて、お子さまの学習机周りの環境チェックをしてみませんか。
この春新入学された方や、リビング学習から子供部屋での学習に変えたという方は、ぜひ確認してみてください。
学習場所や勉強時間の変化がきっかけで、目にも影響が出ているかもしれません。

まずは、下の間取り図を見てください。近視を防ぐことを考えたら間違いが一つあります。
どこでしょうか?

子供部屋レイアウト

正解は….
壁際に学習机が配置されているところです。
近視を防ぐにはなるべく遠くを見つめる機会をつくることが大切ですので、壁際に机を配置するのではなく、正面に眺めの良い窓がくるようにするのが良いのです。

正面に眺めの良い窓

また、学習机と言えば目の前に棚があるタイプが思いつきますよね。

棚があるタイプ

しかし、これも先ほどと同じ理由で、目の前を塞がない、シンプルなタイプがおススメです。もし取り外しが可能な棚であれば、外してみるのはいかがでしょうか。
窓際に配置すれば、顔を上げるだけで、遠くが見えるので、目にとってとても良い環境です。

遠くが見えるので、目にとってとても良い環境

お部屋のレイアウトによっては、窓に向けて机を設置するのは難しいかもしれません。

そんな場合は特に、デスクスタンドの利用を忘れずに!
LEDのデスクライトをお使いの方も多いと思いますが、LEDは光源が目線に入ると、とてもまぶしく目への刺激も強いです。
お子さまの目線の高さで、光源の位置を調節してあげてくださいね。

ついでに、机周りの整理整頓すれば気分もすっきり、勉強のやる気もアップするかもしれませんね。

視力ランドがおススメするLEDデスクライト 自然光LEDデスクライトPRO

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る