TOP >> スタッフダイアリー >> 10月10日は目の愛護デー

10月10日は目の愛護デー

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

今年も10月10日の「目の愛護デー」がやってきました。
なぜ10月10日なのかというと…

皆さん、知っていると思います。
10.10を横にすると、人の顔の目と眉に見えるからですね!

人の顔の目と眉に見える

昭和6年に、失明予防の運動として「視力保存デー」と定められたのが始まりなんだそうです。
80年以上も昔から、受け継がれている日なんですね。

365日、朝起きてから眠るまで、休みなく働き続ける目。
今日はちょっといたわってあげませんか?

下記は、弊社スタッフでアラフォーでも視力が回復した!!木村さんが実践した、目のために取り組んだことです。

アラフォーでも視力が回復

どうでしょうか?

「歩きスマホをやめて遠くを見て歩く」「目をギュッパ」などは、すぐにでもできそうですね。

私事ですが、この春スマートフォンの機種変更をしました。

5.5インチと、ちょっと大きめの画面にしたことで、スマートフォンの使い方が大きく変わりました。

今までは本やテレビで見ていた、料理のレシピや動画などを、スマートフォンで済ませてしまうようになりました。

予想はしていましたが、目の渇きや疲れ、かすみ目など、明らかに目が疲れている、と感じることが多くなりました。

私も、木村さんを見習って、目に良いことを生活に取り入れていくよう頑張ります!

若い方は、目の調節力も高いので、目からのSOSを見逃してしまう可能性もあります。
ハーフタイムをとったり、目を温めてあげるなど、普段から意識してくださいね。

VR視力回復トレーニングアプリで目の休息を取る方法もおススメです♪

さて、目の愛護デーなので、皆さまにちょっとお得なお知らせです。

◆その1
視力ランドを運営している眼育総研が発行している電子書籍「視力回復への道」シリーズはご存知ですか?
明日11日から、視力回復への道 第一歩目「近視ってなに!?」が無料で読めます
15日までに期間限定です。

◆その2
ここ「視力ランド」で「視力向上可能性判定」ができることはご存知ですか?

いくつかの質問に答えるだけで、あなたの近視がトレーニングによってどのくらいの視力まで向上の可能性があるかを、その場で判定します!

どんなに視力の良い人でも、変化する可能性があります。
一度良い結果が出たからといって安心せず、今までと見え方に違いを感じたら視力検査をしてみましょう。

判定をご利用くださった方には、ちょっとお得な特典をご用意しています。お見逃しなく!

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る