気質

  • 2015.04.21
  • 239 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

近視になりやすい気質とは、集中型です。
集中力があることは、一般的にはメリットの高いこととされています。

ですが、こと近視に関して言えば、興味のあることに没頭するタイプの方は、近視になりやすいのです。

興味の対象が、スポーツなど目に負担がかからないことであれば良いのですが、近くを凝視することに没頭することは、目にとって大きな負担となります。

マンガを読み続けたり、スマホや携帯型ゲームに夢中になったりして、近くのものをひたすら見続けたりしていませんか?

そのような行為を日常的に続けていると、近視は急速に進行していきますので、要注意です!

逆に、近視になりにくい気質は、すばり散漫型です。

目の前のことに集中することが苦手で、すぐ人に話しかけたり、窓の外をちらちら見たり、部屋の中のいろんな物に視線を
飛ばしたりするタイプの方は、近視になりにくいと言えます。

単に集中力に欠けている場合もありますが、中には、凝視を続けることからくる目の負担を敏感に感じ取り、それを無意識に
解消しようとしている場合があります。

このタイプの方はある意味、本能に忠実であるとも言えるでしょう。

近視になりやすい方が、身体からの信号をシャットダウンしてしまうのに比べて、近視になりにくい方は、身体からの信号にきちんと反応しているとも言えます。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る