TOP >> 目に関して知ろう >> 幼児向けの検査

幼児向けの検査

  • 2015.04.21
  • 129 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

一般的に知られている視力検査方法としては、ランドルト環と呼ばれる1ヶ所が欠けた輪が多く並列している視力検査表、字づまり視力検査表での検査です。

字づまり視力検査表は、測定したい視標の上下左右の影響で、視覚の場を乱すため、幼児の視力検査には向かないとされています。

個人差はありますが、7~8歳くらいまでは、字づまり視力検査表での測定では、「読み分け困難」という現象がみられます。

そのため、小学校低学年くらいまでは、字一つ視力検査表を使用するのが良いとされています。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る