TOP >> 目に関して知ろう >> 屈折検査

屈折検査

  • 2015.04.21
  • 86 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

屈折検査とは、焦点を合わせる機能の異常を確認するための検査で、これにより近視/遠視/乱視の有無を知ることができます。

屈折検査には他覚検査(他覚的屈折検査)と自覚検査(自覚的屈折検査)があり、他覚検査はオートレフラクトケラトメータが使われます。

他覚検査で、近視や遠視、乱視のおおよその数値がわかります。
その数値を基にして、実際のメガネレンズで自覚検査を行います。

屈折度数:(球面レンズ・Sph)
乱視度数:(円柱レンズ・Cyl)

上記の値を視力向上可能性判定でご入力頂けますと、あなたの視力がどの程度改善する見込みがあるかの判定精度が高くなります。

ぜひご確認下さい。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る