遺伝

  • 2015.04.02
  • 107 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

純粋な遺伝性による強度近視は、全体の5%と言われています。

ですので、ご両親が近視であっても、必ずお子様も近視になるというわけではありません。

むしろ、環境要因からくる近視がとても増えている現状があります。

60年前との近視の割合比較を見ると、スマホや携帯型ゲーム、タブレットやパソコンなどの急速な普及により、近くを見る事が多くなったことが、近視の原因として大きいと言わざるを得ません。

ただし、思い当たる原因がないにも関わらず視力が落ちてしまう場合は、遺伝性の割合の高い疑いがあります。

そして、遺伝性の近視の要素がある場合も、そのうちの多くは環境からくる近視との複合原因となっているケースが多いです。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る