TOP >> スタッフダイアリー >> 読書の秋

読書の秋

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

こんにちは。眼育サポーターの太田です。

少しずつ、秋の気配を感じる頃となりましたね。

美味しい食べ物の出回る時期と言えば、食欲の秋。
スーパーに買い物に行くと、梨や栗が並んでいて、秋が近づいてきたなぁと感じます。

秋と言えばもうひつと、「読書の秋」ともいわれますね。

昔々唐の時代の中国の歌人、の韓愈(かんゆ)が詠んだ「燈火親しむべし」という一説に由来しているのだとか。
「秋の夜は心地よいので、明かりを灯して読書するのにぴったりだ」という意味だそうです。
私も読書は大好きで、毎晩寝る前に読んでいます。もちろん、明かりを灯しています。

さて、視力ランドを運営する弊社では、目に優しいデスクスタンド ジェントライトを取扱いしています。

お問い合わせのお客様とお話させていただく際に、よく聞くのは、

  • LEDのライトに変えたら、とにかく疲れ目がひどくなって…
  • 今使っている蛍光管のデスクスタンドは眩しすぎて…

というような、今お使いのデスクスタンドに関するお悩みです。

そんなお悩みをお持ちの方には、自信をもってジェントライトをおすすめしています。

目に優しい、高演色として販売されているデスクスタンドは、数多くあります。

ですが、なぜ目に優しいの?高演色だと目に負担がかからないの??と疑問に思ったことはありませんか?

ジェントライトが目に優しい理由は、「なだらかな波長」にあります。

詳しくは、視力アラカルトのジェントライトページでご説明しています。

弊社照明士が測定した波長比較を、分かりやすくグラフで載せています。
デスクスタンドを買う買わないにかかわらず、光の質に関してちょっと詳しくなれますので、お時間のある時にぜひ読んでみください。

デスクスタンドを選ぶ時は、皆さん、デザインや価格など、さまざまに検討して選ぶことと思います。
ぜひとも「光の質」も忘れずに、検討項目に入れて下さいね。

さて、デスクスタンドの宣伝めいたお話になってしまい失礼しました!

読書の秋、皆さまも、くれぐれも手元の明るさに注意して、疲れ目や視力低下を防いでください。

リビングで読書する方、お布団に入ってから読書する方は、特に注意が必要です。
「本のページ上の明るさを十分に」「寝転がって読まない」を心がけてください。

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る

ホームワック1週間1,000円レンタル好評受付中!