TOP >> スタッフダイアリー >> 眼科医もおすすめの疲れ目解消法

眼科医もおすすめの疲れ目解消法

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

こんにちは。眼育サポーターの太田です。

ワールド視力ニュースに、「眼科医のお墨付き 意外なほど簡単な視力回復法」(2016年10月当時)という記事を発見。

たまたまお世話になったことある先生だったので、気になって読んでみました。

すぐに実践できる疲れ目解消方法として紹介されていたのが、下の3つの方法です。

  1. 目の周りの血行を良くする
  2. 毛様体筋をほぐす
  3. 刺激の少ない目薬をさす

1と2は、視力ランド(眼育総研)で皆さんにお伝えしてきた内容と共通です。
3の目薬は初耳です。

血行を良くする方法として思いつくのが、やはり温めることですよね。
蒸しタオルなどで目のまわりを温めると、疲れがほぐれて視界がクリアになる、という経験は皆さんあるのではないでしょうか?

会員さんからも、「タオルなどで目の周りを温めていますが目に良いことでしょうか?」というご質問をいただくことがあります。

温めるとなぜ疲れが和らぐのかな?と不思議に思ったことはありませんでしたか?
あたためて血行を良くすることで、酸素などの必要な成分が目にしっかり届くからなんですね!

袋から出すだけで、あたたか~い蒸気がでてくるアイマスクなどもありますが、もっと手軽な方法としては蒸しタオルです。
蒸しタオルも面倒という場合には、昼間であれば自然の恵み、太陽の力を利用するのもおすすめです。

眼育総研では、眼光浴(がんこうよく)としてご紹介しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
視力回復辞典 太陽が目をリフレッシュ!

お天気が悪い日や室内にいるからできないよ~という場合には、手の平を目に当てても気持ちいいですよ!

温めるだけで視力がアップするかと言うとそれは難しいですが、目を労わることで、自分が本来持っているはずの「見る力」を最大限発揮できるように出来るとよいですね。

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る

ホームワック1週間1,000円レンタル好評受付中!