TOP >> 目の用語辞典 >> 3Dについて

3Dについて

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

3Dの本の中に、具体的な方法について説明されていると思います。
そのため、原理について簡単に説明します。

立体視には平行法と交差法の2つがあります。

平行法は焦点を、見ている対象物よりも遠くに持って行く方法です。
近視の方はどちらかというと苦手で、毛様体を弛緩側に調節し、眼位は両目を離す方向になります。

交差法は、焦点を、見ている対象物よりも手前に持ってくる方法です。
近視の方はどちらかというと得意で、毛様体を収縮側に調節し、眼位は寄り目側になります。

スポンサードリンク

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る