TOP >> 目の用語辞典 >> ハーフタイム

ハーフタイム

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

長時間近くのものを見続けると、ピント調節のための筋肉が凝ってきて、自由な調節ができにくくなります。

効果的な休憩方法は、10~30分間スマホやテレビ、読書・パソコン等を行ったら、10~30秒間でいいので、裸眼で見える範囲で、一番遠く(最大明視距離)をリラックスした状態で眺める方法です。

近視の進行を防ぐために、私たちが推奨しているのが、この「ハーフタイム」です。

凝視の合間に眺視(ちょうし)をすることで、凝り固まった目の筋肉を伸ばします。

スポンサードリンク

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る