TOP >> 目の用語辞典 >> ものもらい

ものもらい

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

ものもらいとは、まぶたの脂や汗を出す腺に菌(多くは黄色ブドウ球菌)が感染して膿んだ状態の事を言います。

【めばちこ】や【めいぼ】とも言われますが、正式には【麦粒腫(ばくりゅうしゅ)】の事を、一般的にものもらいと言います。

ものもらい

脂や汗を出す腺には、まつげの根元の脂腺とマイボーム腺があり、マイボーム腺が感染しまぶたの内側に出来る【ものもらい】を内麦粒腫と言い、かなりの痛みを伴います。

一方、マイボーム腺以外が感染する【ものもらい】を外麦粒腫と言い、瞬きをした時に異物感があります。

一般的にものもらいとは、外麦粒腫となります。

症状は痒みや目がゴロゴロします。

まばたきや指で押すとまぶたに痛みがあり、次第にまぶたが赤く腫れ目やにが出ますが、治りが遅くなったり、完治しても再発したりする場合がありますので、くれぐれも汚れた手で触ったりしないように注意が必要です。

主な原因は、

  • 目にケガをした時
  • 免疫力低下
  • ストレス
  • 寝不足ぎみ
  • 季節の変わり目

などに、目をこすったりする事が挙げられます。

感染力は弱く、他人にうつる心配はありません。

治療する場合は抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏が用いられ、約1~2週間で化膿し、自然と皮下に膿が出て完治します。

なお、重症化した場合は、抗菌内服薬や切開手術で膿みを強制的に出す必要が出てきます。
気になる場合は、早めに眼科を受診しましょう。

スポンサードリンク

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る