ピアノ

  • 2015.04.21
  • 621 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

ピアノなど、音楽の楽譜は細かいため、楽譜を凝視しすぎると近視になりやすい傾向があります。

手元と楽譜だけに集中するのではなく、練習中に目の休憩を入れましょう。
長時間に渡って暗譜する際も、同様です。

実際の演奏中も楽譜ばかりを注視せず、視線をときどき遠くに飛ばすことをおすすめします。

また、楽譜にあまり忠実に演奏しようとせずに、多少の間違いは気にせず、リラックスして取り組まれることも視力にとっては必要な事です。

楽譜を照らすピアノライトや、ポータブルタイプのデスクライトも併用するとさらに良いでしょう。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る