乱視

  • 2015.06.05
  • 882 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

乱視とは、近視や遠視と同じく目の屈折異常です。

角膜や水晶体の歪みが原因で、ピントが本来の位置で合わなくなってしまい、モノが歪んだり二重に見えます。

近視による見えづらさに伴って発生する種類の乱視ではなく、先天性の乱視の場合は、トレーニングで改善することは、ほぼ不可能と考えられます。

ですが、近視に伴って進行する乱視の場合、近視を改善することによって、乱視の進行を止める事ができる場合があります。

乱視を検査する場合、放射状の線が描かれた表を見て、乱視がある場合は線がぼやけたり二重(太く)に見えたりします。

また、ランドルト環(Cマーク)の視力検査表でも乱視がある場合は、切れている方向によって視力に違いが出るため、乱視があるかの疑いは把握できます。

軽い乱視の場合は気になりませんが、乱視が強い場合は見えずらさによるストレスなどから集中力を欠くことがある為、メガネやコンタクトレンズで矯正する事をお勧めします。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る