凝視

  • 2015.04.27
  • 88 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

凝視(ぎょうし)とは、目を凝らして見つめることです。

読書やスマホ、携帯型ゲームなどに熱中してしまい、本や画面など近くにあるものを凝視することは、目にとって一番の負担になります。

近くのものを凝視する時間が長ければ長いほど、簡単に近視は進行します。

日常生活のほとんどが、手を伸ばした範囲内での作業(近業)にあたります。
対策として、目の休憩をこまめに取り入れることが大切です。

視力回復辞典の凝視(ぎょうし)をやめて、眺視(ちょうし)をしよう!を参考になさって下さい。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る