TOP >> 目に関して知ろう >> 睡眠と視力

睡眠と視力

  • 2015.06.03
  • 503 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

成長期のお子様にとって、十分な睡眠は不可欠です。

栄養バランスの良い食事を規則正しく摂っていても、睡眠時間が不足すると、体の発育にいろいろな障害が起こることがあります。

また、睡眠時間が不足すると疲労が回復されにくく、精神的にもイライラしたり不安定になりがちです。

また、睡眠時間が不足すると視神経が疲れやすくなり、目全体の機能も衰えさせます。
目の緊張が和らげられないと、凝りが蓄積されて近視の原因にもなります。

成長期ならば夜は遅くとも10時には就寝するよう、習慣づけることをお勧めいたします。
10時までに就寝すると、成長ホルモンが正常に分泌されます。
すると、心身の疲労が回復されて健康になるからです。

できれば夜8時には天井照明を消灯し部分照明に切り替えるなど、照明を暗めにして睡眠モードに入りやすくする工夫も大切です。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る