老眼

  • 2015.05.20
  • 249 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

老眼とは、加齢による調節機能の低下や水晶体の弾力が失われることで、近くのものに焦点を合わせづらくなるなどの、老化現象のひとつです。

近くのものが読みづらくなったり、近くから遠くへのピント合わせに時間がかかるようになることから始まります。

40歳前後から自覚をする人が多いですが、最近では、子供や若い方にも同じような症状が出る方が増えています。

スマホ老眼」と言われており、スマホ、携帯、パソコン、タブレットなどで、目を酷使しているために起こります。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る