調節力

  • 2015.04.22
  • 736 View
  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

調節力とは、一般的に目の筋肉の働きで水晶体を厚くし、近くにピントを合わせる能力のことを言います。

視力ランド(眼育総研)では、その逆の毛様体を弛緩させて遠くにピントを合わせることも含めて、調節力と考えています。

調節力の衰えと言えば、老眼です。

誰でも角膜から入る光を屈折させて、網膜上で焦点が合うように調節します。

ですが、この調節力は加齢とともに低下し、近くの距離が調節できなくなるとともに、少し離さないとピントを合わせることが出来なくなってきます。

これは、調節力が衰えた結果、近くを見る為に厚くすべき水晶体が、弾力を失ってしまったことによる症状です。
この調節力の低下を調節異常と言います。

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る