TOP >> 視力回復辞典(視力回復の真実) >> 第84回眼 猫背と近視に関係はあるのか?

第84回眼 猫背と近視に関係はあるのか?


『アゴパンチ』で正しい距離を!

アゴパンチ

あなたは、気がつくと猫背になっていませんか?
日本人には、猫背の人が多いと言われています。

そして近視が多いことも知られています。
果たして、猫背と近視に関係はあるのでしょうか?

今回は、「猫背と近視」に関連する大切なお話を、眼育(めいく)博士がしてくれます。

どうぞ、お見逃しなく!

■登場人物■

【眼育(めいく)博士】
眼育トレーニングの創始者で目の健康のエキスパート

【ミドリママ】
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている

【ケンタ】
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

【眼育博士(以下博士)】
「そういえば、ママはやや猫背気味ですね。」

【ミドリママ(以下ママ)】
「そうなんですよぅ。直そうとは思うんですが、なかなか直らなくて。」

【博士】
「ケンタくんはどうですか?」

【ママ】
「実は、ケンタも猫背なんです。
コタツでマンガを読んでいるときなんか、すぐ背が丸まっちゃうんですよね。

いちおう注意はするんですが、直らなくて。
やっぱり親子だから仕方ないんですかね、ハハハ。」

【博士】
「確かに、日本人には猫背が多いと言われていますね。」

【ママ】
「そうかもしれません。
授業参観で、時々授業風景を見に行きますけど、姿勢の良い子は少ないですね。

でも、先生はそれには、お構いなし。
注意してくれれば、少しは直るかもしれないのに…」

【博士】
「全般的に、学校の先生は、姿勢への関心は少ないですね。

それどころか、机に覆いかぶさって一心不乱に問題を解いている生徒を、勉強をがんばっていると好意的にすら捉えたりしますね。」

【ママ】
「ところで、博士は姿勢が良いですね。」

【博士】
「姿勢が崩れたほうが、内臓に圧迫がかかったりして、むしろ疲れるんですよね。
腰にも、余計な負担がかかります。」

【ママ】
「そういえば私、最近腰痛がひどいんですよ、イタタ…。

しっかり者の主婦だから、働きすぎなのね、って思ってたけど、実は姿勢が原因だったのかしら?」

【博士】
「ママがしっかり者の主婦かどうかは、とりあえずおいておくとして…

もしケンタくんも猫背なら、早いうちに直しておいたほうがいいですよ。
猫背は、視力に悪影響を及ぼしますから。」

【ママ】
「ええ?やっぱりそうなんですか?」

【博士】
「猫背は前傾姿勢のため、姿勢が良い人に比べて、目が対象物に近付きすぎてしまいます。」

【ママ】
「どれくらいが、近すぎる距離なのかしら?」

【博士】
「それでは、『アゴパンチ法』を使ってみましょう。」

【ママ】
「えっ、アゴにパンチするんですか?」

【博士】
「そう。
肘をDSや本など、見ている対象物につけ、手首を伸ばした状態で、拳を作ってアゴを乗せます。」

ケータイに肘をつけて、拳にアゴを乗せてみるママ。

【ママ】
「へえ、この距離かぁ~。
たしかに、アゴにパンチですね。」

【博士】
「この時、手首が曲がらないように注意しましょうね。
このときの目の位置と対象物との距離が、必要な距離になります。」

【ママ】
「帰ったらケンタにも、教えてあげよう♪」

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る