TOP >> 視力回復辞典(視力回復の真実) >> 「テレビから離れないと視力が悪くなるよ!」の誤解

「テレビから離れないと視力が悪くなるよ!」の誤解

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

テレビからどれくらい離れていますか?

無料のVRで視力回復

VRで視力回復できる無料アプリ【ウィンキングダンス】

「テレビから離れなさい!」

テレビから離れなさい!

この言葉。

1日何度も言っちゃいますよね。
でも子どもって、何度注意してもいつの間にかテレビの前に立っていませんか?

何度注意してもいつの間にかテレビの前に

特に近視のお子さまを持つお母さんにとってはこれ以上視力を下げたくないという思いで、この言葉、何度も言っていると思います。

でも、実はコレ。
近視のお子さまに対して行うのは、誤解なのです!

離れて見た方が良いのは、視力低下が始まる前の、視力が良い子の場合です。

視力の良い子であれば、遠くを見るときの目の使い方が良いため、距離を取ることで近視を予防する事が出来ます。

ですが、近視が進行している子が言われるままに、ずーと遠くに離れてしまうと、画面なんてハッキリ見えないですよね。

それで仕方なく、よくやってしまうのが目を細めるということ。

『目を細める』

目を細める

目に力を入れる、つまり目の筋肉を緊張させているということになります。
目の筋肉の緊張は、近視の進行につながりやすいため、注意が必要です。

子どもの頃は、「3メートル離れなさい!」などと言われていましたよね?
この3メートル。
実は視力が良い子が見るのにはちょうど良い距離だったのです。

今、私は子どもに「テレビを見る時はここから見ようね」というルールを作って守らせるようにしています。

テレビを見る時はここから見ようねというルール

お子さまが目を細めてテレビを見ていたら視力が低下している証拠です。
今すぐ【ホームワック】を試してください。

ホームワックお試しレンタル

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る