TOP >> 目の用語辞典 >> 結膜(けつまく)

結膜(けつまく)

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

結膜(けつまく)とは、眼球(角膜)と眼瞼(まぶた)が少なからず接していなければ、眼球を円滑に動かすことはできません。

全く接していなければ、外部からの異物が入り込み、目にとって危険な状態になります。

この異物の入り込みを防ぐために、眼球の表面および眼瞼(まぶた)裏面を被っている半透明の薄い膜があります。

これを結膜(球結膜/瞼結膜)と言います。

結膜は粘膜であり、常に粘液を分泌して目の表面を潤しています。

この結膜が赤く充血して炎症を起こすのが結膜炎で、アレルギー以外に感染によるウィルス性結膜炎や細菌性結膜炎など、感染の原因により数種類存在します。

スポンサードリンク

RELATED ARTICLE

関連記事
まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る