TOP >> 視力回復辞典(視力回復の真実) >> 第102回眼 近視を招くゲーム中の悪い姿勢は注意では直らない!

第102回眼 近視を招くゲーム中の悪い姿勢は注意では直らない!


どうすれば姿勢に意識がいくのか?

意識

DSなどの携帯型ゲームをしている時、姿勢が悪いと目と画面との距離が近くなりすぎます。

これはもちろん、近視になりやすい状況です。

でも、分かっていても、なかなか改善できなかったりしますよね。

今回は、「ゲーム中の姿勢を改善するとっておきの方法」に関連する大切なお話を、眼育(めいく)博士がしてくれます!

今号も、他では決して聞けない貴重な情報が目白押し♪
どうぞ最後までお見逃しなく!

■登場人物■

【眼育(めいく)博士】
眼育トレーニングの創始者で目の健康のエキスパート

【ミドリママ】
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている

【ケンタ】
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

ケンタの視力低下がきっかけで、視力のスペシャリスト、眼育博士に相談することになったミドリママ。

今日も、眼育博士の研究所に、目の勉強に来ているようです…

【ミドリママ(以下ママ)】
「ケンタって、注意してもすぐに姿勢が悪くなっちゃうんです。
夢中になっちゃうと、他のことが見えなくなるんです。」

【眼育博士(以下博士)】
「そうか、ケンタくんは集中力があるタイプですからね。」

【ママ】
「ホホホ、そうそうケンタは集中力があるから~、ってそれ、ゲームの場合は褒められたことじゃないでしょう。

ねえ、どうしたらいいですか?」

【博士】
「ケンタくんの意識を、自分の姿勢に向けることが必要ですね。」

【ママ】
「だから、それができないって言ってるじゃないですか~。」

【博士】
「じゃあ、とっておきの方法を教えましょう。
おうちに大きめの鏡はありますか?できれば等身大の姿見がいいですね。」

【ママ】
「等身大の姿見?まあ、それっぽいのはありますけど。
寝室に、私が外出前に服装をチェックする用のが。」

【博士】
「その鏡をリビングに持ってきて、ケンタくんがゲームをしている目の前に置いてください。

『姿勢が大事…』という意識は、面白いゲームをやっているときは、頭の隅に追いやられています。

しかし、さすがに目の前に鏡があれば…」

【ママ】
「そうか!背中を丸めた自分の情けない姿が視界に入るから、姿勢の意識が呼び戻されるってことね!」

【博士】
「その通りです。

鏡に自分を映しながらゲームをすれば、どんな姿勢がゲーム機と目が近づくのか?が、リアルタイムで確認できます。

だから自分で改善しやすくなります。」

【ママ】
「そっか、鏡で自分のありのままの姿を見せるって、効果ありそうね。」

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る