TOP >> 視力回復辞典(視力回復の真実) >> 第76回眼 震災でメガネを失ったとき

第76回眼 震災でメガネを失ったとき

  • FaceBook
    0

  • 0
  • Google+
    0
  • LINEで送る

ピンホールメガネって効果はあるの?

ピンホールメガネ

震災でメガネやコンタクトを失い、避難する際にとても困ったという声を聞きました。

お子様の近視が気になるご両親には、将来的に気になるところですよね。

防災グッズで対処すればいいんでしょうか?
それとも…

今回は、災害時の心得にも関連する大切なお話を、眼育(めいく)博士がしてくれます。
どうぞ、お見逃しなく!

■登場人物■

【眼育(めいく)博士】
眼育トレーニングの創始者で目の健康のエキスパート

【ミドリママ】
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている

【ケンタ】
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

ケンタの視力低下がきっかけで、視力のスペシャリスト、眼育博士に相談することになったミドリママ。

今日も、眼育博士の研究所に、目の勉強に来ているようです…

【ミドリママ(以下ママ)】
「この前、100円ショップで『ピンホールメガネ』が売ってたんですよ。」

【眼育博士(以下博士)】
「あの、小さな穴がたくさん開いているメガネのことですか?」

【ママ】
「そうです、そうです。
あれって、けっこう笑える形をしていますよね。

遠くから見るとまあクールなサングラスなんだけど、近くから見ると、昆虫の目みたいなの。」

【博士】
「私も、ピンホールメガネの信憑性については、良く相談を受けるんですよ。」

【ママ】
「パッケージには、【視力が回復する】って書いてますが、本当なんですか?
ちょっと信じがたいんですが…」

【博士】
「わかりました、お教えしましょう。
ミドリママは、ピンホールメガネをかけると、どうして見えやすくなるのか、知っていますか?」

【ママ】
「それは…よく分かりませんけど…
もしかしたら、昆虫と同じような目になるから見えやすくなるとか?

2つだけより、たくさん目があるほうが、見えやすそうですものね。」

【博士】
「ははは、発想としては面白いですね。

ピンホールメガネで見えやすくなるのは、昆虫の目になるからではなく、小さな目になるからなんです。」

【ママ】
「どういうことですか?
もう少し分かりやすく教えてくださいよ。」

【博士】
「近視の人は、遠くのものを見るとき、目を細めるでしょう?」

【ママ】
「そうそう、うちのケンタもときどきやってます。」

【博士】
「ピンホールメガネをかけると、小さな穴を通して見るので、目を細めて見るのと同じ効果が得られるわけです。

つまり、目が小さくなるんです。

光の入る角度をせばめる効果があり、カメラで露出を絞り、ピントの合う範囲を深くするのと、同じ効果が得られます。

この働きのことを、ピンホール効果と言います。」

【ママ】
「ピンホール効果ですか?」

【博士】
「そうです。

なので、近視の人がかけると見えやすくなりますが、目を細めて見るのと同じ働きを持つだけなので、かけているだけで視力が回復する訳ではないのですよ。」

【ママ】
「やっぱりそうなんだ。」

【博士】
「そこのところを、誤解させるような売り方には、問題がありますね。」

RELATED ARTICLE

関連記事

スポンサードリンク

まずは視力検査してみよう!

トップへ戻る